退職後の進路の傾向について

進路先は決まっていますか?

男性看護師が一度退職してから、その後どのような進路に進むのかを調べてみました。

やはり圧倒的に多いのがそのまま医療業界で働き続ける道です。

看護師としての資格を取得するためにたくさんの苦労をし、
また現在在職中の職場においても様々な体験の中から知識や技術を身に付けている訳なので、
せっかく培った財産を活用しないのは勿体無いです。

看護師を募集しているのは何も病院だけではありません。

専門外来クリニックや小さな診療所、福祉保険施設、老人介護施設、
サービス付き高齢者住宅などあらゆるところから求人が出ています。

施設の特徴によって夜勤が無かったり、休日が多かったりと条件が異なりますので、
看護師のスキルを活用できる快適な職場を見つけることができます。

企業内や学校法人内の医務室勤務という選択肢も人気があります。

病院のような救急対応が無く、勤務時間も厳しくないのがメリットですが
基本的に企業や学校法人の一部として扱われるので、それらの業種になじまなければいけません。

病院などの医療現場では体験することがなかった名刺の扱い方や組織内で報告書や稟議を作成し、
報告する手順など覚えなければいけないことがたくさんあります。

一度医療業界を体験していると、常識と思っていることが他業種では
通用しないことが多々ありますので注意しましょう。

男性看護師の中には全く異なる業種に転職される方も稀におられますが、
やはり業界の常識の違いなどを理解するのに苦労されます。

人間、やる気があれば何でも出来るといいますがそれにはやはり時間と労力が掛かりますので、
自分のやりたいと思っていることを優先しましょう。