他業界へ転職の場合

看護師という枠にとらわれずに他業界へ目指すなら

男性看護師の方が今の職場を退職して
医療業界とは違う他の業種に転職することは珍しいことではありません。

実際、男性看護師に限らず毎年多くの人が心機一転、
今まで働いてきた業界から違う業界の会社に転職をしています。

但し、違う業界で働き始めるということは最悪、
今まで積み上げてきたものが全く無意味になることもあり得ます。

様々なリスクが伴う男性看護師の違う業界への転職について
注意点をいくつか挙げておきます。

一つ目は転職理由についてです。

当然の事ですが転職活動中には
企業の人事担当者との面接を受けなければいけません。

二つ目は質問される事項が前職の退職理由です。

この退職理由で前の職場の人間関係が原因で辞めましたとか、
給与待遇が良くなかったので辞めましたと言ってしまうと
せっかく看護師として働いてきた経歴が無駄になってしまいます。

人間関係や給与待遇はどこの業界のどこの会社でも悪いものは悪いのです。

ここで人事担当者に訴えなければいけないのは、
看護師として培ってきた知識や技術を
これから働き始める業界でどのように生かしていきたいか、
そして自分がどうなっていきたいかなのです。

決して後ろ向きな退職理由を口に出してはいけません。

医療業界で働いてきた看護師、
しかも男性看護師だからこそ御社に役に立てるものがあると強い口調で発言しましょう。

どんな企業でもたとえ専門知識や技術が無くともやる気と熱意があれば十分通用していくものです。

そして、たとえ前の職場で肩書きが付いていたとしても
これから働く新しい職場では新入社員同様なのですから
プライドを捨て一から勉強するという姿勢も大切です。